“縛縄”の読み方と例文
旧字:縛繩
読み方割合
ばくなわ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
矜羯羅が柔和で立像、制吒迦が岩へ「踏み下げ」て忿怒の相、不動の本体は安座であって、片手が剣、片手が縛縄天地眼で、岩がある。岩の中央に滝、すなわち水の形を示している。