“縒絨”の読み方と例文
読み方割合
よりいと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
先なる一壮漢は、狭霧薄戦衣に、虎頭を打ち出した金唐革の腹巻に、髪止めには銀のはちまきを締め、おぼろめく縒絨剣帯へ利刀を横たえ、騎馬戛々、ふと耳をそばだてた。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)