“緡束”の読み方と例文
読み方割合
さしたば100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鼻めがねを掛けている、山高、洋服の小説家に、天保銭のが生えた、緡束を両手に、二筋振って、きおいで左右へいた形は、空を飛んでけるがごとし。
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)