“緊急待避警報”の読み方と例文
読み方割合
きんきゅうたいひけいほう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
署長は、振りこぶしを鼻の前にあてて、天狗のようなまねをして見せた。その時である。突如として自動車にとりつけてある短波受信機から、あの緊急待避警報がひびいて来たのは——
超人間X号 (新字新仮名) / 海野十三(著)