“網干左母次郎”の読み方と例文
読み方割合
あぼしさもじろう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一番目は「里見八犬伝」の蟇六屋敷から円塚山で、団十郎の犬山道節、家橘の犬川荘介、八百蔵の網干左母次郎、芝翫の浜路、松助の蟇六。
明治劇談 ランプの下にて (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)