“綬賞”の読み方と例文
読み方割合
じゅしょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
墓碣と云い、紀念碑といい、賞牌と云い、綬賞と云いこれらが存在する限りは、しき物質に、ありし世をばしむるの具となるに過ぎない。
倫敦塔 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)