“続絵歌仙”の読み方と例文
読み方割合
ぞくえかせん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それを宜麦の『続絵歌仙』などには、門流の者の解説でありながら、もう意味もわからずに人形芝居のような絵にしている。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
古いところでは宜麦の『続絵歌仙』などという絵解きを見ると、あまりにも私らの胸に描いていたものと、ちがっているのがまず滑稽である。一つだけ例を引くならば『炭俵』の一聯
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)