“絹布団”の読み方と例文
読み方割合
きぬぶとん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
絹布団に生れ落ちて御意だ仰せだと持ち上げられる経験がたびなると人間は余に頭を下げるために生れたのじゃなと御意遊ばすようになる。
趣味の遺伝 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)