“絅斎”の読み方と例文
読み方割合
けいさい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
浅見絅斎が四尺の大刀をえ、その刀身に「赤心報国」の四字をり、「予は足関東を踏まず、時ありて機をば、義兵を挙げて王室をくべし」と慷慨
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
山崎闇斎を見ずや、浅見絅斎を見ずや、竹内式部を見ずや、山県大弐を見ずや、高山彦九郎を見ずや。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)