“素峰子”の読み方と例文
読み方割合
そほうし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それに乗り込んだ私たち一行——私と隆太郎と同伴の素峰子、その義弟のT少年、それにその地の「山峡」の歌人たち七、八——である。
木曾川 (新字新仮名) / 北原白秋(著)
素峰子に立って、白に赤の黒の彩雲閣のフラフを高く高くなびかす。ちょうど鉄橋をくぐって出たところである。
木曾川 (新字新仮名) / 北原白秋(著)
その正面の階段の下の、明るい色彩の花壇の前で、私は改めて一礼すると、車上の人となった。雀のお宿の素峰子はきのうの朝から激しい胃痙攣で顔色がなかった。
木曾川 (新字新仮名) / 北原白秋(著)