“級担任”の読み方と例文
読み方割合
きゅうたんにん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あの喧嘩があのきびしい級担任に知れないでいるはずはない。先生は教壇から下りてきて、うつむいている堀口生の肩へ手をかけた。
苦心の学友 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
ちょうどよくかまたはちょうどわるく、級担任の橋本先生が手すきだったから、今度のことよりもふだんのことで油を取られた。
苦心の学友 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
まったく関係のないこともない。正三君はこの校長さんと級担任の橋本先生にお目にかかった。
苦心の学友 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)