“紙馬”の読み方と例文
読み方割合
しば100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
許宣も本堂の前で香をらし、紙馬紙銭を焼き、赤い蝋燭に灯をしなどして、両親の冥福を祈った。そして、寺の本堂へ往き、客堂へあがってい、寺への布施もすんだので山をおりた。
雷峯塔物語 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)