“紙漉阿原”の読み方と例文
読み方割合
かみすきあわら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
『甲斐国志』及び同地方の五万分一地形図を見ると、甲府の南から笛吹釜無の川合に掛けて、しばしばこの川の水害を被むる村方に紙漉阿原臼井阿原・何阿原という地名がたくさんにある。
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)