“紐切”の読み方と例文
読み方割合
ひもき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もう紐切れやボールなどにはじゃれなくなった後でも、鋏を持って庭におりて行く私の姿を見るとすぐについて来るのであった。
ねずみと猫 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)