“紋平”の読み方と例文
読み方割合
もんぺい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
腕にて筒袖口をくくり、隙無き様にして、脚には紋平とて義経袴の如くにて上は袴の如く下は股引の如きものを穿き、足袋をはき、足袋との隙をくくるに厚き木綿を用ゆるなり。
関牧塲創業記事 (新字新仮名) / 関寛(著)