“粧奩”の読み方と例文
読み方割合
そうれん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
に七千円の粧奩を随へて、百万金もふ可からざる恋女房を得べき学士よ。彼は小買の米を風呂敷に提げて、その影の如く痩せたる犬とともに月夜を走りし少年なるをや。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)