“米津勘兵衛”の読み方と例文
読み方割合
よねづかんべえ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
元和九年十一月二十四日、イタリー人エロニモ師や、ては千五百石をんだ家康の小姓、ヨハネ原主水の党類をり尽すに、町奉行米津勘兵衛以下血眼になっておる時のことでした。
十字架観音 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)