“籀文”の読み方と例文
読み方割合
ちうぶん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
また周の石鼓の籀文、秦の小篆、前漢の古隷、後漢の八分六朝今隷等、それぞれ多かれ少なかれ、例のユニフォーミティを示してゐるが、前後三千年を通じ
秋艸道人の書について (新字旧仮名) / 吉野秀雄(著)