箱根竹はこねだけ)” の例文
其の日長左衛門殿が山へ箱根竹りに行って、日暮に下りて来ると、山の下で孩児の啼声がするから、魂消て行って見ると、沢の岸の
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)