“策杖”の読み方と例文
読み方割合
さくじょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もう自分の力ではおえないとらしめて置いて、そのうちの最も獰猛なのがその策杖の二つ三つを覚悟の前で、両足を棺へかけて、鼻と口を、棺の中へ突込んでしまって、後ろに振動した尾を
大菩薩峠:31 勿来の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)