“筆硯類”の読み方と例文
読み方割合
ひっけんるい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
窓の中を覗いて見ると、の上の古銅瓶に、孔雀の尾が何本もしてある。その側にある筆硯類は、いずれも清楚と云うほかはない。と思うとまた人を待つように、碧玉のなどもかかっている。
奇遇 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)