“第四容積”の読み方と例文
読み方割合
フォースディメンション100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それでは、ミンコフスキーの四次元世界に第四容積(立体積の中で、霊質のみが滲透的に存在し得るという空隙。)
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)