“穗積”のいろいろな読み方と例文
新字:穂積
読み方割合
ほづみ66.7%
ほずみ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この天皇は穗積ほづみの臣の祖先、タケオシヤマタリネの女のオトタカラの郎女いらつめと結婚してお生みになつた御子はワカヌケの王お一方です。
この天皇、穗積ほづみの臣等の祖、建忍山垂根たけおしやまたりねが女、名は弟財おとたから郎女いらつめに娶ひて、生みませる御子和訶奴氣わかぬけの王。
この天皇、穗積ほづみの臣等が祖、内色許男うつしこをの命が妹、内色許賣うつしこめの命に娶ひて、生みませる御子、大毘古おほびこの命、次に少名日子建猪心すくなひこたけゐごころの命、次に若倭根子日子大毘毘わかやまとねこひこおほびびの命三柱。
この天皇は穗積ほずみの臣等の祖先のウツシコヲの命の妹のウツシコメの命と結婚してお生みになつた御子は大彦おおびこの命・スクナヒコタケヰココロの命・ワカヤマトネコ彦オホビビの命のお三方です。