“砲車雲”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ほうしゃうん50.0%
もとぐも50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“砲車雲”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
この最後の大笑で砲車雲ほうしゃうんは全く打払ッたが、その代り手紙は何を読んだのだか皆無かいむわからない。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
しかも時刻の移るにしたがッて枝雲は出来る、砲車雲もとぐもひろがる、今にも一大颶風ぐふうが吹起りそうに見える。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)