“百済貞連”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
くだらさだつら50.0%
くだらのさだつら50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“百済貞連”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.4%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
それは百済貞連くだらさだつらといふもので、目下の者とさへむつぶことの出来なかつた興世王だから、どうして目上の者と親しむことが成らう、たちまち衝突してしまつた。
平将門 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
として、新たに選ばれたのが、百済貞連くだらのさだつらであった。
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)