“白茅:ちがや” の例文
“白茅:ちがや”を含む作品の著者(上位)作品数
横光利一1
“白茅:ちがや”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そうして、間もなく、泉の水面に映っている白茅ちがやの一列が裂かれたとき、そこにはつるの切れた短弓を握った一人の若者が立っていた。
日輪 (新字新仮名) / 横光利一(著)
と、原のすそから白茅ちがやを踏んで一団の兵士が現れた。
日輪 (新字新仮名) / 横光利一(著)
PR