“甚右衛門”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
じんえもん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“甚右衛門”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
お鉄の亭主の火渡ひわた甚右衛門じんえもんというのが、お上から朱房の十手に捕縄を預った御用聞きで、是れが二足の草鞋わらじを穿いていた。
死剣と生縄 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)
小納戸頭おなんどがしら 茂木甚右衛門じんえもん