“琉歌”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
りゅうか100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“琉歌”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
文学上の形式として固定のまま守られて来た短歌も、し民謡として真に口語律の推移に任せて置いたとしたら、同系統の単詩形なる琉歌りゅうか同様の形になってしまって居たであろう。
歌の円寂する時 (新字新仮名) / 折口信夫(著)