“玉鉾”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
たまぼこ66.7%
たまほこ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「三ツ四ツおちし村雨は、つゝみかねたるが涙かな」にて結び、更に「玉鉾の道は小暗し、たどりゆく繩手はほそし、松風のの音も、身にしみていとうらかなし、」
夕露にひもとく花は玉鉾のたよりに見えしこそありけれ
源氏物語:04 夕顔 (新字新仮名) / 紫式部(著)
まるで翡翠か青玉で彫刻した連珠形の玉鉾とでも云ったような実に美しい天工の妙に驚嘆した。たった二十倍の尺度の相違で何十年来毎日見馴れた世界がこんなにも変った別世界に見えるのである。
高原 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)