“牝牛:うし” の例文
“牝牛:うし”を含む作品の著者(上位)作品数
島崎藤村1
旦那様は朝早く御散歩をなさるか、御二階で御調物しらべものをなさるかで、朝飯前には小原の牝牛うしの乳を召上る。
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)