“瀕死者”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひんししゃ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“瀕死者”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
今まで氷のように冷たく落着いていたクララの心は、瀕死者ひんししゃがこの世に最後の執着を感ずるようにきびしくはげしく父母や妹を思った。
クララの出家 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
乳母は狂気のように、瀕死者ひんししゃの耳もとに口をあてて叫けぶのだ。
悪魔の紋章 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)