“水牛面忿怒妙王”の読み方と例文
読み方割合
すいぎゅうめんふんぬみょうおう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その弥勒の菩薩に参詣して、それからその横にある水牛面忿怒妙王の大堂と釈迦牟尼仏の大堂にも参詣してある僧舎について宿りました。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)