“忿怒瞋恚”の読み方と例文
読み方割合
ふんぬしんい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
再び頭上を見直すと、さきには忿怒瞋恚の形相のみが眼に入ったが、その頭上は人間的に鬢髪が黒く、しかもおごそかな七宝瓔珞をかけている——
大菩薩峠:41 椰子林の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)