“水準線”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
すいじゅんせん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“水準線”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
水準線すいじゅんせんから下の赤ペンキをぬった船腹がはっきりと見られた。まるで浮きドックにはいっているようなかっこうだった。
海底大陸 (新字新仮名) / 海野十三(著)
それから、タイムが軸の上を、静かに移ってゆくのが、誰にもハッキリと感ぜられた。時の経つのにしたがって、一秒また一秒と、恐怖の水準線すいじゅんせんが、グイグイと昇ってくるのだった。
夜泣き鉄骨 (新字新仮名) / 海野十三(著)