“毛束”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
けたば100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“毛束”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
私は、言葉が乱暴なので、よく先生に叱られた。先生は、三十を過ぎた太った女のひとであった。いつも前髪の大きいひさしから、雑巾ぞうきんのような毛束けたばを覗かしていた。
風琴と魚の町 (新字新仮名) / 林芙美子(著)