“梅玉座頭”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ばいぎょくざかしら100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“梅玉座頭”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
かどの芝居見物の日には、梨影女も供をした。五ツになる辰蔵は、ばば様の膝で、父の山陽がひいきにしている梅玉座頭ばいぎょくざかしらの忠臣蔵に目をまるくして大人しくしていた。
梅颸の杖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)