“柩前:きゅうぜん” の例文
“柩前:きゅうぜん”を含む作品の著者(上位)作品数
南方熊楠1
“柩前:きゅうぜん”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 伝説・民話[昔話]3.4%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
レーンの『近世の埃及エジプト人』十八章には著者カイロにあった内、夫も子も友もない女が一犬を子のごとく愛したが、犬死んで愁歎の極、その柩前きゅうぜんに『コラン聖典』を運ばせ唱師から泣き婆まで傭うて人間同様の葬式行列を行い、ことあらわれて弥次やじり殺されかけた由を載す。