“早打振”の読み方と例文
読み方割合
はやうちぶ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ちょうど、早水、萱野の目的地たる播州赤穂までの道程に比べると半分の里程に過ぎないが、それにしても一学の早打振りは精悍である。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)