“早打扮装”の読み方と例文
読み方割合
はやうちごしら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
驚いた事には、その駕籠を出て、清水一学とよぶ吉良家の男は、悠々と、問屋茶屋の床几に腰を下ろしこんで、茶などっているのである。身装も平素のままで、早打扮装えなどは何処にも見えない。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)