“旧式聴診器”の読み方と例文
読み方割合
ステトスコープ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
若林博士は依然として旧式聴診器耳朶を押当てたまま、片手で解剖着の下から、銀色の大きな懐中時計を取り出して、一心に凝視しております……確かに心臓の鼓動音が聞えているので御座います。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)