“日精月華”の読み方と例文
読み方割合
にっせいげっか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
人は、日精月華の気を服せば、つねに若く、そして長命を保ちます。——いま長安宮中に柏梁台を建て、銅人を据えて、手に承露盤を捧げさせるとします。
三国志:12 篇外余録 (新字新仮名) / 吉川英治(著)