“日比谷御門”の読み方と例文
読み方割合
ひびやごもん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それから人力にゆられて夜ふけの日比谷御門をぬけ、暗いさびしい寒い練兵場わきの濠端を抜けて中六番町の住み家へ帰って行った。
銀座アルプス (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)