“日星河岳”の読み方と例文
読み方割合
じつせいかがく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
聞説す、我鬼先生、佐佐木味津三君の文を称し、猥談と題するをめたりと。何ぞその無礼なるや。佐佐木君は温厚の君子、幸ひに先生の言をれ、君が日星河岳の文字に自ら題して猥談と云ふ。
八宝飯 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)