“新続古今集”の読み方と例文
読み方割合
しんしょくこきんしゅう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それから四世の孫雅世がはじめて最後の勅撰集の『新続古今集』に撰者となったので、中世歌壇ではさまで大きな家筋ではない。
中世の文学伝統 (新字新仮名) / 風巻景次郎(著)