“播州皿屋敷”の読み方と例文
読み方割合
ばんしゅうさらやしき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二番目「新皿屋敷朧雨暈」は黙阿弥の作にて、「播州皿屋敷」を世話に翻案し、肴屋の酒乱を加へたるものなるが、妙は前半にあらずしてりて後半に存ず。