“撥形鶴嘴”の読み方と例文
読み方割合
ビーター100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして給水タンクから貨物ホームへ、屋根伝いに逃げ去りながら、撥形鶴嘴をパイルとランプ室の間へ投げ捨てて行ったのです。
気狂い機関車 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
喬介は撥形鶴嘴を受取ると、その柄先の穴を、例の鉄棒の充行ってグッと押えた。するとスッポリって、撥形鶴嘴は鉄棒へぶら下った。
気狂い機関車 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
「とにかく、撥形鶴嘴と言えばそんな小さな品ではないんですから、一応その辺を探して見て下さい。もし有るとすれば、きっと発見かるでしょう」
気狂い機関車 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)