“撞木返”の読み方と例文
読み方割合
しゅもくがえ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
驚いた後は小癪ってただ一突きに突き倒す気合で来たのを、中段につけていた兵馬はスーとそれを引いて、撞木返りに米友の咽喉元へ槍が行く。
大菩薩峠:06 間の山の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)