“撞木刀”の読み方と例文
読み方割合
シユモクガタナ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
だが事実はやはり写実欲を棄てたと見える「撞木刀」のくだりがよかつたし、伝授・道明寺二場の菅相丞を通じて、前後の「身替天神」の件が優れてゐた。
手習鑑評判記 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)