“撚揚”の読み方と例文
読み方割合
よりあ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
まア是ア詰らんでございますけれども、私が夜業撚揚げて置いたので、使うには丈夫一式に丹誠した糸でございます、染めた方は沢山えで、白と二色撚って来ました、誠に少しばいで
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)