“摺物師”の読み方と例文
読み方割合
すりものし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それで春亭も気が進まなかったのだが、三馬と春亭が白眼み合っては出版元が困るから付木店の摺物師山本長兵衛という人が仲人となってこの戯作出入りを扱うことになった。
仇討たれ戯作 (新字新仮名) / 林不忘(著)